Osteria dello Scudo

~Sapori Antichi~

として進むべき道

 

店名に掲げた "Scudo" とは「盾」。

副題として添えた "Sapori Antichi" は

「昔ながらの味」を意味します。

冒頭の頁でも触れたように、イタリアの長く複雑な歴史や

気候風土などを背景にその地方、地域、街、村、家族ごとに

育まれ、根付き、伝統として受け継がれてきた

多種多様で表情豊かな土の食文化。

それはまさに他の何にも代え難い宝物であると

私は信じて疑いません。

このオステリアでは、目まぐるしく進みゆく時間や、

時代の流れの中において、失われつつあるこの大切な宝物を

如何にして護り、磨き、未来へ伝えていくことを理念に、

文字通りその《盾》になるべく

日々、伝統料理と向き合っています。

クラシックカーやアンティーク家具を、

愛情を込めて大切に手入れをし、

時にはパーツを取り換え、磨き込むことで

新たな息吹、価値観を注ぎ込む職人達、

あるいは色褪せた古い絵画を

色鮮やかに描かれた当時のものへと蘇らせる修復士達。

彼らのように統の食文化への想いを自らの仕事に重ね、

「決して変えてはいけないもの」と

「変わらないために変える事が必要なもの」

料理が語りかけてくる先人達の想いに耳を傾けながら

時代を超えた価値観や世界感を表現し、

伝統を次の時代、未来に繋いでいきたい、

と切に願っています。

「盾」は現状を護るだけの

一方的な受け身のものではなく

゛​盾の両面を見よ ”  の言葉があるように

その料理が持つ歴史や古い一面を大切にしつつ、

伝統料理の表裏、真理、を深く探求することが

必要であると捉えています。

それはすなわちある意味、

時代と逆行していくかのようにも映りますが、

だからこその相対的な価値や輝きが

増していくものと信じて。

【イタリア料理の未来】という答えのない道。

過去から続くその道に不変の輝きを与える事も、

未来へ向かうのその道を創っていくのも他の誰でもない、

今を生きている自分達です。

そんなちっぽけなですがゆるぎない想いを胸に

一歩ずつ、イタリアを巡る時間の旅を

し続けていくかのように。

たった一枚の盾を携えて

 

料理人

小池 教之