《BENVENUTO》

Osteria dello scudo

~sapori antichi~

 

季節ごとに移り行く

その土地に根付いた伝統的な

郷土料理を表現する

専門店として

「イタリアにイタリア料理は無い。

あるのは地方料理の集合体である。」

矛盾ともいえるこの言葉が説かれて久しい。

イタリアと言う大地。それは三方を海に

囲まれた形でその半島は偉大な海である地中海のほぼ中央に座し、北はアルプスの尾根から南はアフリカの目と鼻の先まで、東は東欧や東洋の交差点、西は西欧本土の窓口と、その地理的要因や、多種多様な地形、気候がもたらす恩恵、そして太古より複雑に折り重なり、連綿と続くその歴史によって形成されてきたものだ。

イタリアの食文化はそうした礎の上に育まれてきた。

イタリア各地の伝統料理、すなわち土着の郷土料理たちと、そこに寄り添う土着の酒。 そうした土着の食文化を、当店では一つの州や街、あるいは文化圏などに焦点を絞り込んだ形でその土地ならではの食文化を深く掘り下げ、あたかも昔からそこにあるかの様な郷土料理の専門店として地域を移しながら季節とともにイタリアを巡ってゆく。

​かつて、かの文豪がイタリアを愛し手記をしたためたようにこのオステリアで情景を思い浮かべながら

イタリアを旅する様に過ごしていただければ

幸いである。

≪営業再開のお知らせ

長らく続いた緊急事態宣言や蔓延防止条例が解除となり、

「10月1日より営業再開」と致します。

当面の間は東京都の提唱するリバウンド防止措置の下、

原則として現時点では10月24日までを目途とした

臨時体制での対応となります。

以下、詳細をご確認ください。

<営業時間>

17:00 ~ 21:00 (月~土曜日)

酒類の提供は20:00迄  

定休日:日曜日 他、不定休有り

 

<予約受付体制> 

17:00~ 18:00~ 19:00~

 ・上記各時刻スタートの3部制

 ・各部とも1組ずつの案内

 ・1組につき4名様まで  

 ☆ご予約は「2名様」から ☆前日21:00まで受付

<料理内容、お値段 等>

10月1日~23日 

 南イタリア「バジリカータ州」

  郷土料理お任せコース1本のみ​ Total  ¥9350

 (内訳:コース¥8000 

    パン、お水¥500、消費税10% 込み)

                                                     

  ※アレルギーをお持ちの食材のみご予約時に

   お申し付けください。    

   組み立ては変わった食材などが含まれる内容では

   ございません。

  ※2か月間の休業による中断もありましたゆえ、

   休業以前にこのバジリカータ料理を召し上がられた

   お客様におかれましては同じ内容のお皿が多数と

   なる予定です。

   ご理解、ご確認いただきたく願います。

  ※再開後のこちらのコースはイタリア農林水産省

   「MIPAAF」との連携による高品質な南イタリア産

   EXVオイルをふんだんに使用したお皿の数々と

   なります。

10月25日~ ☆新章へと移行☆

    北イタリア「ヴァッレ ダオスタ州」

               

  ※こちらに関しましては追って詳細と、

   「他」お知らせの予定

    

<従来からの変更点・注意点、お詫び>

・コロナ以前まで行っておりました各料理毎に提供する

 グラスワインのアッビナメント(ペアリング)は

 再開後は行わず、基本的にボトルワインと、

 当日用意できる数種のグラスワインでの対応、

 このような形へと移行いたします。

  ※飲みきれなかった場合など、

   お気兼ねなくお持ち帰りいただくことも可能です。

・相次ぐ食材やワインの急激な高騰を受け、営業再開を

 機にコース料金の設定に関し若干の底上げの運びと

 致しました。

・これまでメニューの冒頭にございましたその時に提供

 している地域の歴史や食文化に関しての読み物は諸事情

 により休止致しております。

 (現在、別の形を模索中)

 

・店主一人による営業につき、料理やワインの提供時間が

 長めに間隔が開いてしまう場合も多々ございます。

・ご予約のお問合せ等、状況により手が離せない場合や

 早い時間で退店等もございますゆえ、お電話に対応

 できない場合もございます。

「店主より」

 昨年4月、最初の緊急事態宣言。苦渋の決断の末、

 そこから店主一人での営業体制移行をとらざるを

 えなくなって早1年半。苦しい中でも店の灯は消しては

 ならいと続けてきた営業でしたが、この7月、

 東京オリンピック開催時期直後からの感染急拡大に

 伴い初めて2か月間の「休業」という道を選択いたし

 ましてからの今日となります。

 「イタリアの伝統料理、郷土料理」を未来へと繋いで

 ゆく為、そんなこの店を楽しんでいただけるお客様、

 信じて支えてくれる家族やすべての人たちの為、

 自分にとってかけがえのない場所としてのこの店を

 できる限り続けて行く為、3年半前にお店を開いた時

 の原点、ゼロに立ち戻るような覚悟で、小さくも大きな

 リニューアルをしての再出発となります。

 コロナ以前の従来のスタイルを楽しんでおられた

 お客様には大変心苦しい変更点ばかりとなってしまう

 事、申し訳ございませんが上記諸々、何卒ご理解

    いただきたく願います。

            2021.09.29 店主